催眠療法は医師から受けることをお勧めします

エミール・クーエの自己催眠法

メンタルストレスの克服には正しい方法があります。
人は日々、成長していくものです。いつまでも同じままでは、問題は解決しません。


たとえ、愛着障害や、人格障害や、発達障害でも、思考の癖を改めることを学べば、
症状は次第に軽くなるのです。「今のままで良い」ということではなくて、


「私は毎日あらゆる面でますます良くなっている」
と進歩、向上を目指しましょう。


これはエミール・クーエの有名な自己暗示の言葉です。
エミール・クーエ(1857-1926)は、フランスの自己暗示療法の創始者です。


「私は毎日あらゆる面でますます良くなっている」
この言葉を自分に言い聞かせる方法で、たくさんの患者の心の悩みや
心身症などを改善させたので自己催眠療法の始祖とみなされています。


独習教材⇒ 家庭でできるヒプノセラピー

自己催眠関連ページ

潜在意識の完全活用
潜在意識の働きは原因と結果の法則で成り立っています。自分が出したものが自分に戻る仕組みです。
アサーション
アサーションとは、相手にも自分にもメリットをもたらすような表現でコミュニケーションするという考え方です。
コミュニケーションの仕方
対人関係のトラブルを避けるには、コミュニケーションは、あからさまに言わない訓練が必要となります。
自分に暗示をかける
自分に良い暗示をかけるための考え方の基本は解決志向性を持つことにつきます。
被害者意識が不幸にしている
被害者意識は、開運や自己実現にとって、もっとも有害な思考です。被害者意識に入り込んでいる限り、問題解決のあらゆる 方法が機能しなくなるのです。



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。