催眠療法は医師から受けることをお勧めします

インナーチャイルドセラピーとは

インナーチャイルドセラピーというのは、
催眠療法の一種です。


催眠状態ではさまざまな自己の表現された副人格を
イメージ化して見ることができます。


インナーチャイルドというのはこの副人格の一種で、
それは幼い頃の自我意識の象徴です。


イメージ誘導では、幼い子供、幼児の姿で現れます。
この幼い子供をやさしく抱擁し、温かい言葉をかけて、
癒していくことで、幼児期のトラウマを癒す手法です。


この方法は思い出したくない場面に戻る必要がないので、
安全にトラウマを癒せるのです。


ヒプノセラピー、催眠療法は、本来、医療の範囲であり、
医師から受けるべきものです。

トップページにて無料教材配布中


インナーチャイルドセラピーエントリー一覧

恋愛の苦悩を癒す催眠療法

愛着障害の人は、恋愛において、歪んだ形をとるケースが非常に多く、それがトラブルの原因になったりします。婚外恋愛、不倫関係の恋愛をしている人は、心理療法などの場でそれをやめさせられるとか、やめるように指導されると恐れている人が多いようです。そのため、心理療法の場に足がむかない、という人が多いです。しか...

続きを読む




※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。