催眠療法は医師から受けることをお勧めします

理想の人生の具体像を描く

催眠

ものごとがうまくいっているときもうまくいっていないときも、どちらの場合でも、自分がどうなりたいのか、いつも正しく想念する必要があります。日に何度も、理想の○○○ができて幸せな毎日を送る自分の姿を想念していましょう。つまり自己催眠です。○○○の部分には、天職や結婚や財運や自己実現、理想の人生の具体像が描かれる必要があります。自分の好きなように想念して良いのです。できるかできないかの判別はしなくても良いのです。もしかするとできるかもしれないと考えて、自分の望む内容の想像を膨らませて良いのです。

お金にも愛情にもめぐまれる想像を膨らませていいのです

ほかのこと、マイナスのことをあれこれ考えるのは時間の無駄遣いです。どんどん想念をしながら、どんどん行動をしてください。想念と行動を両方とも、しっかりと続けましょう。「なしてならずんば、やめざるなり」(やってできなければ、決してやめてはいけない。そうすれば、必ずできる)これが吉田松陰の言葉として残っています。もし、あなたが今、行き詰っているなら、その行き詰まりのトンネルから脱出する方法は、どこまでも理想の人生を創造する想念の作業よりほかにありません。

物質世界では、想念が結実するのには時間がかかります

その時間はひとりひとり違います。その違いが生まれるわけは、前世の徳分の量や今の毎日でどれだけ善徳を積んでいるかによります。愛をもって人を助ける自分なりの善徳の積み重ねをしながら、日々、理想実現の想念を生み出し続けること、これがトンネル脱出の極意です。あなたが仕事や日常の作業を終えたら、その区切り区切りに、ボーっとしていないで、すぐに想念モードに入りましょう。そうすれば毎日何回も想念することができます。自己催眠とはイメージングつまり想念を浮かべることです。



仕事は我慢した分がお金になるというのは本当ですか?

【質問】

親が勧めるままに私は今の仕事につきました。仕事がおもしろくなくて、やりがいが全然ありません。もう辞めて転職したいというと、親は「仕事は我慢した分がお金になるんだ」といいます。このまま続けていていいのでしょうか?


【回答】

「仕事は我慢料」、この思考であれば、自分に我慢しなければならない出来事をますます引き寄せてしまうことになります。いつも心に浮かべるあなたの意識が、同種、同類のものをあなたに引き寄せます。「人様に喜んで頂く」分がお金になるのが本当です。人様に喜んで頂く仕事とは何でしょうか?例えばラーメン屋さんの場合、ラーメン作りが好きで天職と思って嬉々として調理している調理師さん。こういう調理師さんのつくるラーメンは食べる人を幸せにしてくれます。喜びという波動が料理にこもっているのです。愛がこもっているのです。

しかし、もし、料理が大嫌いで、ラーメンも嫌い。でもお金のため仕事してる調理師さんがいたら。その調理師さんの作ったラーメンは、果たしておいしいでしょうか?行列ができるでしょうか?おそらく食べると不愉快になる波動がこもっていることでしょう。仕事とは、本当に好きで、価値を感じて、生きがいを感じて行うとき、徳を積む道具になります。そういう仕事なら徳がつめるので自分も幸せになっていきます。人生を楽しまない人が、どうしてよい仕事ができるでしょうか。今の職場があなたにあっていますか?忍耐は、希望があるからできるのです。「この夢の実現のために忍耐して努力する」それが本当です。

嫌なことを嫌々やって我慢すれば、病気になります。希望のある努力、絶望しながらの努力はまったく違うものです。まずは、「自由」な人生を歩むことを志向しましょう。そうすれば、生き生きとしてくるので、何もかも解決します。両親の意図、お金や収入や世間体。こういうものを第一番目におくのではなくて、本当の自分が納得できる道を考えましょう。適材適所の言葉のとおり、あなたも、自分にぴったりの場所でぴったりの仕事をすれば、能力全開、幸福倍増の状態になるはずです。その場所を探すための旅に出ませんか?できない理由探しをやめませんか?どうすればできるかを考えましょう。

うつ病になる人の多くが、自分にあわない仕事をしているために、その心労から発症します。このような場合は、自分にあう仕事に変わるのがやはり一番の解決策です。それが難しい場合は、どうすればそれができるかを考えていくために、労を惜しまないことです。その部分で思考停止したまま、病院で、うつ病の薬を処方されて治療を受けても、根本解決にはなりません。しかし、この状態になっている人は多いのです。一方、人間的な未熟さが原因で社会や仕事に適応ができず、そのために心を病む場合もあります。このような人でも、本人にあった場所で、一歩一歩、人格を成熟させる成長を遂げれば、幸せな人生を構築することは可能です。

 




※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。