催眠療法は医師から受けることをお勧めします

催眠療法はどんな病気や悩みに効くのか

催眠療法が効果を発揮するのは、
主に心因性の症状や悩みです。


対人恐怖、異性恐怖、あがり症、
パニック障害、不安障害など、


心療内科では、催眠暗示療法を薬物療法に
併用しているところもあります。


勉強に集中できない、仕事で能力を発揮できない、
対人関係が苦手、恋愛がうまくいかないなどの
悩みにも応用されます。


トラウマに由来する自己破壊衝動を治すのにも
催眠療法を応用します。


内臓やホルモン分泌や脳神経に由来する疾患には
十分な効果が得られません。


ヒプノセラピー、催眠療法は、本来、医療の範囲であり、
医師から受けるべきものです。

トップページにて無料教材配布中


どんな病気や悩みに効くのかエントリー一覧

自己催眠によるトンネル脱出法

ものごとがうまくいっているときもうまくいっていないときも、どちらの場合でも、自分がどうなりたいのか、いつも正しく想念する必要があります。日に何度も、理想の○○○ができて幸せな毎日を送る自分の姿を想念していましょう。つまり自己催眠です。○○○の部分には、天職や結婚や財運や自己実現、理想の人生の具体像が...

続きを読む




※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。