催眠療法は医師から受けることをお勧めします

催眠療法士の資格について

日本では催眠療法士という資格は国家資格としては
存在しません。


理学療法士、言語療法士、鍼灸師、看護師、医師などは、
すべて国家資格です。


国家資格とは大学や専門学校を卒業して国家試験に
合格することで取得できるライセンスです。
国家資格を持たない者がこれらの資格を名乗ることは違法です。


催眠療法士の国家資格がないため、法律的にいえば、
どこの誰が催眠療法士を名乗っても、違法とはなりません。


いろいろな民間団体が独自に発行する催眠療法士の資格には
レベルに大きなバラつきがあります。


催眠療法では身体の症状の変化、気分の変化を扱いますので、
医学知識、看護知識などの一定の基礎知識がない者が、
施術することはリスクを伴います。


現状では、医師およびそれに準じる国家資格を持つ者から
催眠療法を受けることが一番安全であるといえます。

トップページにて無料教材配布中

催眠療法士の資格エントリー一覧

催眠療法の危険性

【質問】年がら年中催眠に入っていると次第に麻痺して催眠に入りにくくなると聞きました。そうなのでしょうか?【回答】もし、その話が本当であれば、催眠療法家はたくさんの人に催眠療法をすればするほど、へたくそになっていくことになります。催眠療法家は、自分が催眠療法を行うとき、「治療的トランス」という一種の自...

続きを読む




※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。