催眠療法は医師から受けることをお勧めします

自己暗示がいまだ実現しない時の考え方

催眠

あなたが、いっしょうけんめいに「よくなる」ことをイメージングしたり、アファメーションしたり、お祈りしたのであれば、その「よくなる」というパワーは、潜在意識の世界、想念の世界に蓄積されます。それが現実化していないうちは、どんどんダムの水のように溜まっていっています。そしていつか、満杯になれば、否が応でもあふれて、現実化していくのです。祈りが形をなしていない時期ほど、このことを理解して、待つことが必要になります。あなたの人生のプランは、あなた自身が決めて良い自由な問題です。仕事でも配偶者でも、友人でも、あなたが選んでよいのです。そこに、強制はありません。もし、今の仕事があわない、楽しくない環境であると納得ができたのであれば、やめてもかまいません。今の伴侶といて幸せになれないのなら離婚もできます。原因と結果の法則が存在することを踏まえて悪い結果を生まない工夫は必要ですが、あなたを強制するものはどこにも存在しません。

あなたの人生を幸せなものにするのは、あなたの信念と行動

あなたがどう信じ、どう行動するかで、今と未来は変わっていくのです。そして、すべてに無駄というものはありません。過去にあった不運や苦痛の日々は無駄だったということにはならないのです。もし、苦しんだことが多ければ、それは前世の借金を清算できて、いっそう身軽な運気になったという好転です。もし、その後、人生の立て直しをすることになったら、それは、その身軽な自分が動くわけですから、過去の自分よりも、いっそう運気のよい幸せな人生を構築できる可能性があるということです。もし、あなたがこれまで神社等で祈ってきたことも、神様が全部受け取ってくださっているのです。その結果がまだ形に出てこないということは、それだけ霊界に蓄積されて、蓄積パワーが
ダムの水のようにふくれあがっているといえるのです。いずれ天の時が至り、あなたが動いたとき、そのパワーが一気に形にあらわれてくることでしょう。

自己催眠のやり方関連ページ

トランス状態
安全な催眠療法とは?信頼できる施術者とは?催眠療法の副作用とは?催眠療法でどのような効果が期待できるのか?



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。