催眠療法は医師から受けることをお勧めします

自分を勇気づけること、天地に感謝すること

ほめることが能力向上に効果があることは、科学的実験で証明されています。生理学研究所(愛知県)の定藤規弘教授の実験です。ほめるグループと、ほめないグループにわけて、パソコン技能練達の成果を単純な方法で測定した結果、ほめることが確実な効果として証明されたのです。ほめるということが、いかに進歩発展に重要か、わかります。「もてる女性の条件」というのが、よくニュースに出ますが、毎回、必ず「ほめ上手」が含まれています。自分のことも他人のことも、ほめ称えるとき、それぞれが繫栄して、進歩発展するのです。日本の「言霊文化」はこれです。お互いに、ほめ称えることが大切、これが日本の伝統です。ほめるとは、プラス暗示をいれるということです。そのプラス暗示は潜在意識を動かし、無限の可能性を引き出します。

勇気づける、ほめる

発達障害の児童も、ほめる育て方で劇的に改善することが専門家によって明らかにされています。勇気づける、ほめる、認める、これが大切です。では、「励ます」はどうでしょうか。この場合、「がんばれ」よりも「がんばったね」と、やった行動や成果を認めてあげるのが良いのです。「よくがんばったね」と自分にも他人にも言ってあげてください。ともあれ、心の背景に天地に感謝、父母に感謝、周囲に感謝、の感謝報恩の心があるからこそ、自分も他人もほめ称える、その言葉が自然に湧いて来るのではないでしょうか。できたこと、進歩したこと、成長したこと、向上したこと、そこにフォーカスして、自分や他人をほめ称えると、超えられなかった壁が越えられるかもしれません。

完全主義、完璧主義からの解放

誰かを勇気づけたり、ほめるために大切なことは完璧主義を捨てることです。あなたが幸せになり人生を素晴らしいものにするために大事なことが、完全主義、完璧主義からの解放、完全を求める心を手放すことです。もし、あなたが世界に完全さを求めすぎているならば、常にその不完全な部分を目にして苦しむことになります。世界情勢しかり、あなたの身の回りの状況しかり。しかし、世界は完全なるものに近づいている最中であり、身の回りのすべては不完全なものばかりなのです。世界情勢もそうですし、自分自身もそうですし、家族も他人もそうです。もし、不完全さをとがめていけば、自分を否定し、周囲も全否定するほかなくなります。そして、これが、認知の歪み「二分思考」です。善か悪か、全か無か、白か黒か、このような分け方をしても結果的には、世界には、完全な善も全も白もないのですから、その結論は全否定になるだけなのです。

自分も含めて世界のすべては不完全

だからこそ、一歩一歩、よりよくするために私たちはこの世に生まれ変わりしているのです。自分の不完全さも他人の不完全さもおおらかに許すことが大切です。赤子の不完全さをとがめる親はいません。神様もまた私たちの不完全さを許容され、温かく見守っておられます。赤子が一歩一歩成長して向上するのが親の最上の喜びであるように、神様も守護霊様も、私たちが一歩また一歩と悟り、向上し、練磨して、多芸多才万能自在の完全円満な魂に向かっていくことを愛でておられるのです。この本質を悟ることが大切です。これがわかれば、周囲のすべての人に温かく、接することができるようになります。不完全さや未熟さを許せるようになるのです。かつて憎んでいた人々を許せるようになるのです。自分自身のことも許せるようになるのです。日本と世界の状況を見ても、国内にはびこる左翼思想も隣国の横暴もたしかにひどい話ですが、それが今、ここにある以上は愛と真心で一歩一歩よりよく変えていくしかありません。この現状は、気分を暗澹たるものにしますが、それでも私たちは、日本が守られますように、世界に戦乱なく、平和が招来されますようにと、祈り続けることが大事です。世界の不完全さも他人の不完全さもあなたは許すことができるはずです。神様が許しているのですから、あなたにもできます。そして、それは自分自身の不完全さも許すことにつながっています。自分と人は合わせ鏡になっているのです。不完全さを認めて許し、その上で、「よりよくしよう」と自分にできることを一歩一歩実行していくことが大切です。

勇気づけることの効果関連ページ

5分間暗示法
安全な催眠療法とは?信頼できる施術者とは?催眠療法の副作用とは?催眠療法でどのような効果が期待できるのか?
潜在意識活用法
あらゆる良きことを期待し信じる訓練をすれば人生のあらゆる側面で好転の変化が感じられるようになります。



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。