催眠療法は医師から受けることをお勧めします

暗示の作用とエリクソン催眠

催眠療法を医学の世界に認めさせたのは
アメリカの精神科医ミルトン・エリクソンです。


1958年アメリカ医師会で、催眠療法を効果のある治療
と認める決定がなされたのは、エリクソン博士の功績です。


それまでの催眠療法の方法は、
古典的催眠と呼ばれるのに対し、エリクソン博士が広めた
手法は現代催眠と呼ばれています。


その違いは、暗示や誘導を患者に自覚させないように
自然の会話の中で行うというところにあります。


自然な会話の中で催眠誘導を行い、そのまま患者の
潜在意識に効果的な暗示を埋め込んでいくことで
治療を実現していくものです。



ヒプノセラピー、催眠療法は、本来、医療の範囲であり、
医師から受けるべきものです。

トップページにて無料教材配布中

暗示の作用とエリクソン催眠エントリー一覧

5分間暗示法

五分間暗示法という簡易な暗示の方法を解説します。子供の行動修正などに大きな効果を発揮する方法です。入眠の直前から入眠した直後にかけての脳波がアルファー波の状態の時に、しっかりと親子のスキンシップをとりつつ、たっぷりと親の愛情を伝えながら暗示を入れていくやり方です。この暗示法で、すんなりと食べ物の好き...

続きを読む

潜在意識活用法

【質問】夫は、執拗に アラを探しては事を荒立てます。正直逃げ回るような気持ちになります。あげく、私は、冷淡に接してしまいます。私にすぐに実践できるようなアドバイスはありますでしょうか。【回答】質問は夫婦関係についてですが、これは恋愛関係の全般に通じるテーマです。しばらく交際していると、どちらかが相手...

続きを読む




※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。