催眠療法は医師から受けることをお勧めします

良い前世は幸せを創造するエネルギーをくれる

幸せだった前世を多数思い出すと、人は今生でも幸せを
つくりだすエネルギーを取り戻すことができるようになります。
あなたが、前世療法で、悲しかった過去世やつらかった過去世ばかり
体験して終わったのであれば中途半端なところでストップした形です。


さらには守護霊に会えたのかどうかも問題です。
守護霊にあえるとそれを境に飛躍的に開運するのですが、
あえなければそれほどの変化がないし、また、あえても偽者の場合があります。


偽守護霊というのは邪霊が化けているのですが、これをほとんどのセラピストは見破れません。
偽守護霊ですからアドバイスも効果のない当たり障りのない中身で、結局その人は救われないのです。
亡くなった親や伴侶や身内が本当のスピリチュアルガイドであることはありえません。


ポイントは、「見るべき前世」にたどり着くまで行うことと、本物の守護霊が来るまで行うことですが、
これができないセラピストがほとんどなのです。


中には動物の前世などを出しておもしろがるセラピストもいますが、
人間の前世は人間でしかありえません。無知の産物が、幻想を真実と思い込ませているのです。
ペンギンの前世などあろうはずがないのです。魂の進化の仕組みについて無知だから、
このような馬鹿らしいことになるのです。


このように前世療法にはピンからキリまであります。
またセラピストのレベルは圧倒的に低い人がほとんどです。
そういう意味で、過去の体験が、前世療法そのものを判断するには値しない場合も多いです。
⇒⇒ 本物の前世療法




※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。