催眠療法は医師から受けることをお勧めします

退行催眠とトラウマについて

トラウマとは心的外傷のことで、心に深く傷ついた記憶が残っているものです。
トラウマは、強い否定的な暗示としての効果を持ち、
その後の人生において、行動を縛るものになります。


特に幼児期にできたトラウマの影響は大きく、
人生そのものを歪めることも少なくありません。
幼児虐待や両親からのひどい扱われ方は、きわめて、
深刻な影響を人生に与えます。


退行催眠は、その過去の出来事の場面にまで
時間を戻し、その出来事の解釈を変えて、
悪影響を解除させるものです。


しかし、あまりにも過酷な記憶に退行することは、
それ自体が大きなストレスになります。
そのような事例には、催眠暗示療法を時間をかけて行うほか、


医師の指導のもと、さまざまなイメージワークなどの
心理療法を併用して改善させていきます。


ヒプノセラピー、催眠療法は、本来、医療の範囲であり、
医師から受けるべきものです。

トップページにて無料教材配布中

退行催眠とトラウマエントリー一覧

良い前世のもたらす効用

幸せだった前世を多数思い出すと、人は今生でも幸せをつくりだすエネルギーを取り戻すことができるようになります。あなたが、前世療法で、悲しかった過去世やつらかった過去世ばかり体験して終わったのであれば中途半端なところでストップした形です。さらには守護霊に会えたのかどうかも問題です。守護霊にあえるとそれを...

続きを読む




※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。