催眠療法は医師から受けることをお勧めします

さまざまな催眠療法〜その種類と特徴

催眠療法にはいろいろな種類があります。
もっとも古典的なものは催眠暗示療法です。


これはリラックス誘導の中で催眠状態となった患者に、
肯定的な暗示の言葉を聞かせて、これを潜在意識に
埋め込んで、作用させるものです。


行動修正、対人恐怖症、異性恐怖症、
禁煙、禁酒などのさまざまな行動の癖を修正することに
活用されています。


暗示を入れる方法は、ある程度の回数を重ねて
効果がでるものです。


退行催眠療法とは、過去の記憶を思い出すことで、
その問題とむきあい新たな解釈を吹き込んで、
悪い影響を解除するものです。


ヒプノセラピー、催眠療法は、本来、医療の範囲であり、
医師から受けるべきものです。

トップページにて無料教材配布中

さまざまな催眠療法エントリー一覧

前世退行とは?

催眠療法の中の前世退行とは、過去をさかのぼり、前世まで導く手法のことです。「奇跡体験アンビリバボー」というテレビ番組などで、複数の前世療法家による退行催眠が紹介されていました。それらの退行催眠の方法は、もともとは、ブライアン・ワイス博士が世界に広めたものです。アメリカ人精神科医であるワイス博士の退行...

続きを読む

前世療法の効果について

【質問】催眠状態になると自分の意識はどうなりますか?【回答】催眠状態といっても、ヒプノセラピーで行うものは、自分が自分でなくなるようなものではありません。また、誰かに操られるような状態とも違います。ショーの催眠をテレビなどでごらんになった方は、そのようなイメージをお持ちのことがありますが、ヒプノセラ...

続きを読む

ヒプノセラピーの効果

ヒプノセラピーは、メンタルの不調に効果があります。特に前世療法は、生きていく上での自分自身の魂の指針を思い出させる効果があるので、これを受けたことをきっかけにして考え方が明るく前向きになっていく人が多いです。プラス思考で生きましょうとか、前向きに、とかいろいろな本やいろいろな人が主張していますが、そ...

続きを読む




※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。