催眠療法は医師から受けることをお勧めします

催眠療法の中の前世退行

催眠療法の中の前世退行とは、過去をさかのぼり、前世まで導く手法のことです。
「奇跡体験アンビリバボー」というテレビ番組などで、複数の前世療法家による
退行催眠が紹介されていました。


それらの退行催眠の方法は、もともとは、ブライアン・ワイス博士が世界に広めたものです。
アメリカ人精神科医であるワイス博士の退行催眠のやり方は、ワイス博士の著書でも
誘導文が紹介されているとおり、現在の自分がしっかりと残る状態で、前世をみてきます。


この方法であっても、一部の催眠に入るセンスのある人では、
前世の自分との同一化体験がおこりえます。
同一化しているときは、自分の意識がとおのき、前世の自分に深くなりきってしまったようになります。


通常の場合でも、前世の自分の感情体験は、ありありと感じられるものです。
涙を流して、悲しんだり、喜んだりすることはそう珍しいことではありません。
同一化している状況では、言語まで過去世のものを語ることがあります。


最初からそのレベルを目指した方法では意識は最初から「魂の意識」へ誘導されます。
そして魂の意識の中から、必要な前世の自分の人格を呼び出すような方法になります。
クライアントは霊媒のような感じになるともいえるでしょう。


ワイス博士の方法では、浅い催眠で終わる初回経験者が体験を本物と認識しがたいという問題があります。
しかし、多くの方にイメージ体験をして頂くという意味においてはワイス博士の方法は無難なものです。


魂の意識というレベルに到達できればテレビで放映されたような霊媒現象に似た、
クライアントが見聞きしたことのない言語でしゃべりだすという不思議な現象がおきます。
これは前世の実在の有無を検証するにおいては、もっとも有力な手段となることでしょう。


前世退行とは?関連ページ

前世療法の効果について
安全な催眠療法とは?信頼できる施術者とは?催眠療法の副作用とは?催眠療法でどのような効果が期待できるのか?
ヒプノセラピーの効果
ヒプノセラピーは、メンタルの不調に効果があります。受けたことをきっかけにして 考え方が明るく前向きになっていく人が多いです。



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。