催眠療法は医師から受けることをお勧めします

催眠療法で治る病気とは?

催眠療法は、催眠状態を利用して、
肯定的な暗示を潜在意識に送り込むことで、


思考や行動、反応を変えていくものです。
催眠状態に導く過程で行うリラックス誘導は、


古典的なヨガや瞑想、禅などと同じ仕組みであり、
緊張をほぐして、神経の興奮を鎮めます。


このリラックス誘導だけでも自律神経失調症などには、
有効なことが多いです。


しかし、さらに催眠状態でさまざまな暗示をいれたり、
イメージを見たりすることで、多様な症状に効果を発揮します。


ヒプノセラピー、催眠療法は、本来、医療の範囲であり、
医師から受けるべきものです。


トップページにて無料教材配布中


催眠療法で治る病気エントリー一覧

自己催眠

メンタルストレスの克服には正しい方法があります。人は日々、成長していくものです。いつまでも同じままでは、問題は解決しません。たとえ、愛着障害や、人格障害や、発達障害でも、思考の癖を改めることを学べば、症状は次第に軽くなるのです。「今のままで良い」ということではなくて、「私は毎日あらゆる面でますます良...

続きを読む

潜在意識の完全活用

薬などで自分の感情や気分を変えようとする方法論を捨てることから、人生が自由自在になる道が開けます。自分の感情や気分は、自分のものの考え方、世界観、物事の受け止め方を変えることで変革できます。専門用語で言えば、「認知の歪み」を解消するということです。私の本や教材を何度も読むと、自然に認知の歪みが解消さ...

続きを読む

アサーション

アサーションとは、相手にも自分にもメリットをもたらすような表現でコミュニケーションする、という考え方です。攻撃的でもなく、受け身的でもない表現です。自分の気持ち、自分の感情を伝える方法です。相手を責めるのではなく、自分の気持ちを相手に伝えることを主とする対話の方法です。相手を責め立てることは、相手の...

続きを読む

コミュニケーションの仕方

対人関係のトラブルを避けるには、コミュニケーションは、あからさまに言わない訓練が必要となります。言葉の表現を善言美詩として、愛情を持った言い方にすることが基本です。表現をオブラートにくるむ、言い方をやんわりとしたものにする、相手の立場を犯さないように控え目にいう、誤解されるような言い方は最初から避け...

続きを読む

自分に暗示をかける

自分を許し幸せになる許可を与えることは、潜在意識を健全化するために必須です。自分を許すことがなかなかできないという人は、過去の出来事をいろいろと思い出したり反省したりして、あの時、ああすればよかった、こうすればよかったと悔やみます。あるいは過去に傲慢だったり未熟だったりした自分を恥ずかしく思ったり、...

続きを読む

被害者意識が不幸にしている

何か、不都合があると、その原因をすぐに周囲に求め、自己弁護して、自分に罪がないことを承認させようと必死になる人は、被害者意識の塊になってしまっています。病院にいくと、医者の対応に文句を言い、患者への対応が悪いと医療スタッフにクレームを言う、モンスター患者も被害者意識の塊です。心理療法やカウンセリング...

続きを読む




※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。