催眠療法は医師から受けることをお勧めします

 

催眠療法

催眠療法とは心理療法の一種です。
最近ではヒプノセラピーとも呼ばれます。


催眠療法を行う医師のほとんどは、日本催眠医学心理学会や、
日本催眠学会、日本臨床催眠学会などに所属しています。


日本では九州大学医学部の心療内科学教室が、
催眠療法の研究に熱心です。


医師が行う心理療法の一種であると考えてよいものです。
催眠療法が効果のある治療法であるとアメリカ医師会が認めた
のは1958年のことです。


これは精神科医であるミルトン・エリクソン医師の催眠療法の
研究成果によるものです。


その後も、精神科医を中心に医師たちが
この催眠療法を研究して、確立していきました。


ヒプノセラピー、催眠療法は、本来、医療の範囲であり、
医師から受けるべきものです。


これに対し、自分でできる簡易で安全な催眠療法として「自己催眠」があります。
心身を平安にして、肯定的な言葉の暗示を自分の潜在意識に送り込むことで、
自分の行動習慣を軌道修正したり、


対人関係(恋愛、夫婦、家族、友人関係、職場の同僚、上司と部下の関係など)
における行動のクセや歪みをとりのぞくことができます。


自分でできる安全な自己催眠を主とした催眠療法の基本から応用までを
学ぶことができる教材があります。

催眠療法

この教材では下記のような技法の習得をめざします


催眠 自己催眠を習得することで、自分の行動修正・性格改善・能力開発ができる

心理 催眠技法を応用し人間関係を思い通りに改善できるコミュニケーション技法が学べる

性格 肯定的な自己暗示を効果的に行うことで、自分の性格のいやな部分を改めることができる

恋愛 自分自身への肯定的なイメージが持てるようになることで、異性関係、対人関係での自分の行動様式を改善することができる

対人恐怖 悪癖を改める、性格の歪みを取り除く、心のトラウマを癒すなどのセラピーがあなた自身で行える

社会不安 子供に肯定的な暗示を与えて、素直な心を持つ明るく前向きで聡明な性格を育てることができる



★この教材のダイジェスト版を無料で配布中です★

無料ダイジェスト版教材を受け取る

「Yahoo(一部)」「nifty」「OCN」「hotmail」はメールのブロックが強く、
迷惑メールフォルダにも入らず、 メール自体が届かないケースが多く見受けられます。
確実に届くメールアドレスをご用意ください。「Gmail」の取得をおすすめします。
Gmailも、迷惑メールフォルダに振り分けられることがありますので、
毎日迷惑メールフォルダのチェックをお願いいたします。


★完全版(有料)を希望される方は★
教材本篇のお申し込みは下記をクリックしてください。
『家庭でできるヒプノセラピー』電子書籍 PDFファイル

本篇の注文

 



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。